アイテム紹介

VANS オールドスクールライトからUSA企画へ履き替え!サイズの違いなど!

2022年4月5日

VANS の中でも定番で人気のオールドスクール。

今までオールドスクールライトを使用していたのですが、今回USA企画の物へ履き替えたので、数か月履いて見ての履き心地の違いなどをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ

  • VANS オールドスクールライトとUSA企画の違いが気になる方
  • VANS オールドスクールライトとUSA企画のサイズに悩んでいる方

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

今回は VANS のオールドスクールについて!

僕がよく履くスニーカーの1つがVANS のオールドスクールです。

今まで数回変えてきたのですが、最近は日本企画の VANS オールドスクールライト(型番:V36LITE)を使用していました。

軽くて履きやすいスニーカーだったのですが、踵のスリ減りが激しかったので、新調することに。

その際同じライトにしようと思ったのですが、海外企画のVANSを今まで使用していなかったので、試しに購入してみることにしました!

通常の日本企画とUSA企画を比べた方が分かりやすい比較になっていたとは思うのですが、僕が履いていたのが、ライトだったので、ライトとUSA企画の違いにさせていただきます。

ということで、この2つを比べてのレビューをさせていただこうと思います。

今回比べるオールドスクールライトとUSA企画

ITEM FEATURES

ブランド名:VANS

アイテム名:OLD SKOOL LITE(日本企画軽量モデル)

型番:V36LITE

価格:約5,500円

購入したサイズ:26.5cm

通常のオールドスクールより軽く改良されたライトシリーズ。

価格も抑えめで疲れない軽量設計が特徴です。

※現在この商品の通常販売はないようです。


ITEM FEATURES

ブランド名:VANS

アイテム名:OLD SKOOL(USA企画)

型番:VN000D3HY28

価格:約7,500円

購入したサイズ:26.5cm

日本ではなく海外で企画されたオールドスクール。

USA製というわけではないので注意してください!

日本企画と大きくデザインは変わりませんが、本家のVANSと言っても良いのがコチラですね。



管理人の体型プロフィール

身長:168cm

体重:60kg

体型:普通体型

足のサイズ:足長約26cm・足周22.5cm

(CONVERSE CT 70 のジャストサイズが26cm)

オールドスクールのジャストサイズは26cmなのですが、少し大き目の26.5cmを購入しています。

少し余らせて履くくらいが疲れずに履けるので、靴を購入するときはいつもジャストサイズとワンサイズ上を履き比べて購入することが多いです。

ということで、この2つの違いを見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

日本企画のオールドスクールライトとUSA企画の違い

ライトは1年半ほど、USA企画の方は1ヵ月ほど使用しています。

ディテールの違い

アッパーは特に大きな違いはないですが、ジャズストライプ(白い波のような曲線)の下のステッチがライトは曲線ですが、USA企画は波打った曲線となっています。

ジャズストライプ自体も日本企画の方が太いらしいのですが、あまり間違いは分からない感じですね。

ソールはUSA企画の方が少し厚めなのかなといった感じです。

履き口はどちらもレザー仕様。

ここがレザーっぽいのが好みです。

ソールに大きな違いがあり、USA企画の方はガムソールとなっています。

ライトの方はすり減ってしまって、雨の日かなり滑りやすくなってしまっていました。

ガムソールだとそれはなさそうですね!

日本企画には型番に記載がありますが、USA企画には型番の記載がありません。

左下の「721454」は型番じゃないんですね!

「VN000D3HY28」がこのUSA企画のスニーカーの型番になりますので、同じ物が欲し方はこの型番を参考に検索してください!

履き心地の違い

個人的に履き心地はどちらも変わりないですが、ずっしりと重さがあるUSA企画の方が歩きやすい気がします。

重さの違い

ライト:197g

USA企画:382g

実際に測ってみると倍ほどの重さの違いがありました。


サイズ感の違い

どちらも同じ26.5cmを選びましたが、ほぼほぼ同じサイズ感と思ってもらって良いと思います。

横幅が少し差があるという話ですが、個人的にはそこまでさを感じませんでした。

試着ができそうにない方はいつも自分が選ぶ靴のサイズを選んでほぼ間違いないと思いますよ!

価格の違い

ライトは5,500円程、USA企画は7,500円程と、約2,000円程USA企画の方が高いです。

スポンサーリンク

各オールドスクールの良い点と悪い点

ライトの良い点

見た目にはほとんど違いがないので、軽いスニーカーが好きな方は断然コチラだと思います。

ライトの悪い点

ガムソールではないので、ソールがすり減るとかなり滑りやすくなります。

USA企画の良い点

ソールのガムソールが好みの方はこちらでしょう。

CONVERSEなどと違って、海外モデルでそこまで高くないのも良いポイントです。

USA企画の悪い点

許容範囲ですが、少し重さはあると思います。

まとめ

まとめると、サイズ感に大きな違いはなく、履き心地もそこまで変化なく履き替える事が出来ました。

コンバースのオールスターだと、日本企画と海外企画でぱっと見大きな違いがあるのですが、VANSのオールドスクールにおいては正直ほとんど違いを感じません。

ですので、正直どちらでも良いかと思いますが、アメリカ物に拘りがある方はUSA企画の物を選んでいいと思いますし、そこまでこだわりのない方は日本企画の物で良いかと思います。

以上、オールドスクールのライトからUSA企画に乗り換えたお話でした!

簡単な違いについてでしたが、日本企画と海外企画で差が気になった方の参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

■ブランド古着屋で5年間勤務! ■ドメ・インポートのデザイナーズからヴィンテージまでのバイイングを担当して、1万点以上の洋服を見てきた視点から情報発信しています。 ■マルジェラをはじめ、洋服の収集癖あり。 ■月間10万PVの当ブログを運営。

-アイテム紹介
-, ,