服のケア

【古着屋もやってる】普通のハンガーでも肩に跡がつかない方法とは!?

2021年9月19日

自分の大切な洋服、どのように保管しているでしょうか?

肩に跡の付かないハンガーとして色々なハンガーが出ていますが、個人的に一番オススメな物をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ

  • 洋服をかけて保管するときに肩に跡の付かないようにする方法が知りたい方
  • できるだけ安く肩に跡が付かないハンガーを買いたい方
  • 絶対に肩に跡を付けたくない方

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

家に必ずあると言ってもいいハンガー。

おしゃれな物を統一して使っている方も多いと思いますが、やっぱりハンガーで大事なのは洋服を綺麗な状態のまま保管できるかどうかだと思っています。

 

特にアウターやニット類は肩に跡が付いてしまう事も少なくないでしょう。

 

お気に入りの洋服の肩が変形してしまったらそれはもうめちゃくちゃに凹んじゃいますよ・・・。

 

シャツやTシャツだと気にならないハンガーでもジャケットやコートだと肩に跡が付いてしまう物もあります。

ですので、基本的にはその洋服に合ったハンガーを用意しましょう!

 

おすすめの服の保管方法

服の保管方法は洋服によって分けた方が型崩れも起きず長持ちします。

ですので、アイテム毎の以下の方法で保管するよるのがおすすめです!!

 

アイテム毎のおすすめの保管方法

【Tシャツ】 畳み

【シャツ】 ハンガー

【ニット】 畳み

【ジャケット】 ハンガー

【コート】 大き目のハンガー

【パンツ】 ハンガー or 畳み(スラックスなどはハンガー・デニムなどは畳み)

 

シャツとジャケット、コート以外はできるだけ畳みで保管すると肩に跡が付きません。

 

Tシャツなどはアイロンがけが面倒だという方はハンガーを使っても良いと思いますが、Tシャツでも肩が伸びる事があるので気を付けましょう。

 

コレを使うだけで肩に跡が付かないハンガーに早変わり!

僕は基本的にこういった木製のハンガーを使用しています。

 

しかしながら、この至ってシンプルな木製ハンガーだと、ジャケットやブルゾンを掛けると物によっては肩に跡が付いてしまいます。

 

そうならない為に、こういったハンガーにある物を取り付けます。

 

それがこちら。

 

ウレタンカバーです!!

これがかなりおすすめ、ショップなどでも洋服を傷めない方法として使っているところも多いです!

 

すでに持っているハンガーに取り付けるだけで、洋服を傷めにくくしてくれます。

 

試しに伸びやすいニットで比べてみました。

 

ウレタンカバーなしだとハンガー部分の形が浮き出てしまっていて、これを長く続けているとポコッと肩の跡が付いてしまう事になります。

 

しかし、ウレタンカバーをすると、肩部分のハンガーがほとんど浮き出ていません。

 

このくらいであれば方の跡がほとんど付かずに洋服を保管することができるでしょう。

 

ちなみにウレタンカバーを付けてもニットは結局伸びるので、できるだけ畳みで保管するようにしましょう。

 

その時は防虫剤も忘れずに!

 

ということで、ウレタンカバーはかなり万能アイテムです!

 

1つだけ難点を挙げるとしてら、比較的簡単に破れてしまう事。

洋服を扱うように丁寧に取り外しすれば破れる事もないですよ!

 

ウレタンカバーの良い点

・肩に跡が付きづらくなる

・使っている物に後付けできる

・安く肩に跡が付かないハンガーを作れる

 

ウレタンカバーの悪い点

・ウレタンが比較的簡単に破れる

・ハンガーに洋服がかけづらくなる

 

僕がアイテム毎に使っているハンガー

ではここからは僕が実際にアイテム毎に使っているハンガーについてお伝えしたいと思います。

 

シャツ用のハンガー

まず、僕がシャツなどを保管するのに愛用しているのがコチラのハンガー。

 

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550182577310

無印のアルミ洗濯用ハンガーです。

低価格なのでハンガーを統一して揃えやすいですし、デザインもかなりシンプルです。

 

商品名が洗濯用ハンガーとはなっていますが、見える収納としても申し分ないハンガーだと思います。

 

大き目のシャツやライトアウター用のハンガー

続いて、大き目のシャツやライトアウターなどには先ほど説明した、木製のハンガーにウレタンを付けて使用しています。

 

無印のハンガーでは、オーバーサイズのシャツやライトアウターなどを吊るすときには肩への負担が大きく、跡が付いてしまう恐れがあります。

 

かといって、大きすぎるハンガーではかさばってしまうので、その場合にこのウレタンカバー付きの木製ハンガーを使用しています。

 

コートなどのヘビーアウター

最後にコートなどのヘビーアウター。

重量が重いアウターになると、それだけ肩部分にかかる負担が大きくなります。

 

ヘビーアウターはどうしてもウレタンカバーを付けたハンガーだけではどうしようもないので、それ用のハンガーを買っています。

 

それがこちら。

 

少し大きめですが、かなり使い勝手の良いハンガーです。

 

スラックスも挟めるので、セットアップにも持ってこい。

きつすぎず優し目にボトムも挟んでくれるので、跡も付けたくないスーツ系には特にぴったりです。

 

さらに、このハンガーにウレタンカバーをはめたら最強です。

もうハンガー跡を気にすることはなくなりますよ!

 

こちらが木製ハンガーのみと、TOKYOHANGERにウレタンカバーを付けて、ジャケットを吊るしてみた比較です。

 

木製ハンガーだけだと肩幅が足りず跡になりそうですが、TOKYOHANGER だと肩全体に重みが分散しているので、綺麗に吊るすことができています。

 

ヘビーアウターは価格も高いので、綺麗に保管したいですよね。

ぜひ、大事なアウターにこちらのハンガーを使用してみて下さい!

 

終わりに

以上、肩に跡が付かないハンガーについてでした!

 

ウレタンカバーは今あるハンガーを簡単にグレードアップさせるアイテムなので、使っているハンガーを捨てちゃうのは勿体ないという方には持ってこいです!

 

ヘビーアウターや絶対に跡を付けたくない洋服には上のスーツハンガーを選んでみても良いでしょう。

 

是非、お気に入りの洋服を綺麗に保ちたいという方はハンガーについても再考さえてはいかがでしょうか?

 

以上になりますが、ハンガー選びの参考になれば幸いです。

ではまた。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

ブログ歴7年。 古着屋勤務歴5年。 古着屋では買取業務をメインに担当しています。 デザイナーズからビンテージまで幅広く色々な服が好きなので、このブログでも幅広いテーマで発信中です!

-服のケア
-,

© 2022 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5