年代判別

【分かりやすく解説!】タグから見るイッセイミヤケの年代判別

2022年6月20日

日本はもちろん、海外でもトップクラスの人気を誇る ISSEY MIYAKE(イッセイミヤケ)

1970年代から今もなお活躍しているブランドです。

今回はそんなイッセイミヤケのアイテムのシーズンを判別する方法についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

今回はイッセイミヤケの年代判別について細かく、そして分かりやすく解説してみました!

イッセイミヤケの年代は「ブランドタグ」「品質表示タグの表記」「型番」の3つのポイントを総合的に見て特定することができます。

3つのポイント

・ブランドタグ

・品質表示タグの表記

・型番

年代判別の手順

ポイント

手順通りに進めることで、ほぼすべてのイッセイミヤケの年代を判別することが可能です!

スポンサーリンク

ブランドタグから年代を判別する

まずはブランドタグからの年代判別について!

メンズとレディースで違った移り変わりをしており、特にメンズは変遷が多いので細かく年代を特定することができます。

以下の表の変遷となっています。

年代 メンズ レディース
~1981 最初期タグ初期タグオールスタイルタグ
1982 初期タグ筆タグ混在
1983~1989 筆タグ
1990~1995SS ISSEY MIYAKE(黒タグ) ISSEY MIYAKE(銀タグ)
1995AW~2001AW ISSEY MIYAKE MEN(銀タグ・黒タグ)
2002SS 銀タグ黒タグ混在
2002AW~2010AW ISSEY MIYAKE(黒タグ)
2011SS~ ISSEY MIYAKE MEN(黒タグ)

では、タグを見ていきます。

70s「初期タグ」

四角いタグに小文字でイッセイミヤケと書かれた通称「初期タグ」

メンズラインは「issey miyake men」と表記されています。

名前の通りブランド初期頃のタグ。

大体70年代のブランドタグとされていますが、詳細は不明です。

内タグが製造(株)イッセイミヤケインターナショナルの時に付いていたブランドタグでもあります。

70s「オールスタイルタグ」

タグに「issey miyake by ALL STYLE CO.,LTD.」と書かれたブランドタグ。

70年代のニット製品についているとされています。

内タグのオールスタイルタグの変遷と同じになっていると思われます。

オールスタイルタグについてはここから

80s「筆タグ」

筆で一筆書きしたようなデザインから名前がとられた通称「筆タグ」

横に細長いタグと、縦に長いタグの2種類あります。

内タグには「イッセイミヤオンリミット」「イッセイミヤケインターナショナル」どちらかが付いています。

1990~「イッセイミヤケ 銀タグ」(レディース)

レディースは1990年から現在まで変わることなく、このタグが使用されています。

型番が「IS」から始まるものは全てレディースなので、メンズとの違いは品質表示にある型番を確認しましょう。

また、メンズラインにはイッセイミヤケ表記の銀タグはない(イッセイミヤケメン表記の銀タグはある)ので、レディースラインであることも確定します。

1990~1995SS「イッセイミヤケ 黒タグ」(メンズ)

1990年から1995春夏まで使用されているのが、ISSEY MIYAKE と書かれた黒タグ。

ジャケットなどには下線が引いてあるものもあります。

1995AW~2002SS「イッセイミヤケメン 銀タグ・黒タグ」(メンズ)

ISSEY MIYAKE MEN と表記された銀タグ。

90sと表記されていることも多いですが、1995秋冬から2002春夏と中途半端な時期に採用されています。

ココに注意

銀タグが多めですが ISSEY MIYAKE MEN 黒タグも混在しています。

2002SS~2010AW「イッセイミヤケ 黒タグ」(メンズ)

2002年春夏から2010年秋冬まで、ISSEY MIYAKE 表記の黒タグに戻ります。

2002年は ISSEY MIYAKE MEN の銀タグと ISSEY MIYAKE の黒タグが混在しています。

2011AW~「イッセイミヤケメン 黒タグ」(メンズ)

2011年秋冬から ISSEY MIYAKE MEN 表記の黒タグに変わり、現在もこのタグが続いています。(正確には現在メンズラインは休止中)

ココに注意

数は少なめですが、90s~2000年頃にもISSEY MIYAKE MEN表記の黒タグが混在しています。

ポイント

・メンズラインは意外と細かく分かれているのでシーズンの特定が比較的簡単!

・レディースのタグは変遷が少ないため、年代を特定するのが難しい物も多いです。

スポンサーリンク

内タグの表記から大まかなシーズンを判別する

まずは内タグの表記から大まかなシーズンを特定していきましょう。

品質表示タグの記載がだいたい10年ごとに置き換わっていて、そこから大まかなシーズンを判別することができます。

以下の表から判別可能です。

年代 表記の移り変わり
1970s~1981 「オールスタイル株式会社」 製造「(株)イッセイミヤケインターナショナル」
1982~1990AW 製造・販売元「(株)イッセイミヤケ オンリミット」  製造・販売元「(株)イッセイミヤケインターナショナル」
1991SS~ 会社名が「株式会社イッセイミヤケ」
2000AW~2016AW 型番の「NO.」がなくなる。「製造・販売元」の表記がなくなる
2017SS~ 洗濯表記が新規格の物に変更になる

ポイント

ブランド初期はニットを製造するオールスタイルとその他を製造するイッセイミヤケインターナショナルで会社名が分かれていたので、別々の変遷となっています。

70s「オールスタイル株式会社」

70年代の一部のイッセイミヤケに付いていたとされるのが、このオールスタイルタグ。

ブランドタグにも「ALL STYLE」の記載があります。

イッセイミヤケからニットの生産を請け負っていた会社で、まだ型番の記載も無く、古い日本ブランドのタグ感をひしひしと感じます。

70年代という定説ですが、いつのシーズンまで使われてかは正確には不明です。

後に社名を変更し、イッセイミヤケオンリミットとなります。

ポイント

オールスタイル株式会社の物は70年代の可能性が高い!

70s「製造(株)イッセイミヤケインターナショナル」

ニット以外のイッセイミヤケについていたタグ。

70年代から1981年まではこちらのタグが付いていました。

80s「イッセイミヤケオンリミット」

80年代に製造されたニットに使われているのが、この「(株)イッセイミヤケオンリミット」のタグ。

オールスタイルからイッセイミヤケオンリミットに変更になり、製造・販売元の表記が付くようになりました。

80年代としていますが、正確には1982年から1990AWまでだと思われます。

80s「製造・販売元 イッセイミヤケインターナショナル」

80年代頃から製造されたニット以外に使われていたとされるのがこの「製造・販売元(株)イッセイミヤケインターナショナル」と記載されタグ。

それまでは「製造」のみの表記でしたが、新たに「販売元」の表記が加わりました。

1980年代~1990AWまで使用されていたと思われます。

1991SS~2000SS「株式会社イッセイミヤケ」

1990年9月に「(株)イッセイミヤケインターナショナル」から「株式会社イッセイミヤケ」に社名を変更しました。

そのため、1991年の春夏ものより、タグに「イッセイミヤケインターナショナル」と表記されるようになります。

2000AW~2016AW「NO.・製造販売元の表記がなくなる」

2000AWシーズンより、型番の前にあった NO. と製造・販売元の表記が消えました。

このタグから数シーズンタグの変遷がないため、2000AW~2016AWの期間は品質表示タグだけでの正確な年代判別が不可能ですが、他の要素と組み合わせることで判別できます。

2017AW~「新規格の洗濯表記になる」

2017年から日本の法律で、洗濯表記が新規格の物に変更になったので、それに伴ってイッセイミヤケの洗濯表記も新規格のものになりました。

ここから、2017SS以降のものであるというのが読み取れます。

内タグの型番から正確なシーズンを判別する

では続いて、正確なシーズンを判別する方法です。

1991SSからの判別方法

イッセイミヤケの洋服は内タグの型番から正確なシーズンを判別することができます。

では上の画像のタグ(2017年から使われている洗濯表記が新規格の物になったタグ)から見ていきましょう。

上の画像の場合だと、タグ裏に記載されている型番が「ME93FF943」

この中の赤丸で囲った部分「93」が年代とシーズンを表す部分となっています。

1桁目数字が年代の末尾を表しています。

ポイント

ME3FF943が

201←この部分!

ということで、上の画像は〇の部分に9が入るので、2019年となります。

2桁目は 1・2・3・4 どれかの数字が入り、表のようになります。

数字 シーズン
1 春(SS)
2 夏(SS)
3 秋(AW)
4 冬(AW)

1は春、2は夏、3は秋、4は冬シーズンとして見ることができます。

画像の数字は「3」となっているので、秋(AW)のアイテムという事になります。

以上全てを踏まえて、2019年秋冬のアイテムだということが分かりました。

ココに注意

・オムプリッセでよく使われる「HP55-○○○○」の型番は2015年という意味ではなく、定番品という意味になるので注意してください!

70年代~1990AWまでの判別方法

70年代~90AWの物も実は年代判別が可能です。

シーズンまでは無理ですが、年代までは読み取ることができます。

タグに記載されている型番の1番右の数字。

これが西暦の末尾を表しています。

上の画像の場合は1985年・または1975年のどちらです。

そして、ブランドタグが筆タグなら80年代、初期タグなら70年代という事になります。

オンリミットタグの場合は型番の右から2桁は英字が来ることがあるので、その場合は右から3桁目の数字が年代になります。

ポイント

これらの正確なシーズンを判別する方法と、大まかなシーズンを判別する方法を掛け合わせて、より正確なシーズンを特定することが可能になります!!

スポンサーリンク

型番からラインを判別する

イッセイミヤケは型番からラインも判別することが可能。

判別方法は型番の最初2文字の英字によって判別できます。

型番から分かるライン

IS : ISSEY MIYAKE
ME : ISSEY MIYAKE MEN
PP : PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE
HP : HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE
HA : HssT ISSEY MIYAKE
MI : me ISSEY MIYAKE
BB : BAO BAO ISSEY MIYAKE

その他年代判別

最初期タグ

初期タグよりも前、最初期に付いていたとされるタグ。

年代などの細かい事は不明です。

海外タグ

最近の物だとたまに日本語表記のない海外タグが見られます。

このタグの場合もほとんど同じように型番から年代判別ができるのですが、シーズンのところの数字が少々ことなります。

6なら春夏、8なら秋冬となるので、上の場合は2019年春夏となります。

※海外タグは新しい物しかないと思われるので2019年春夏と結論付けています。

シーズン 数字
SS 6
AW 8

終わりに

以上、イッセイミヤケの年代判別についてでした。

これら全ての方法を総合的に見ることで細かい年代判別が可能なので、ぜひ気になった方はお手持ちのイッセイで試してみてください。

また、これらの判別方法は個人で調べて物であり、完全な判別を保証するものではないので参考程度にしていただければ幸いです。

基本的に著作権フリーではありますが、引用する場合はご相談いただき引用元を記載のうえ転載して下さい。

それでは以上になりますが、イッセイミヤケの年代を判別するときの参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

■ブランド古着屋で5年間勤務! ■ドメ・インポートのデザイナーズからヴィンテージまでのバイイングを担当して、1万点以上の洋服を見てきた視点から情報発信しています。 ■マルジェラをはじめ、洋服の収集癖あり。 ■月間10万PVの当ブログを運営。

-年代判別
-, ,