年代判別

田中啓一時代のコムデギャルソンオム 通称田中オムのシーズンと名作

2022年6月8日

コムデギャルソンオムの90年代を支えた田中啓一。

現在は田中啓一デザインのギャルソンオムを田中オムと称して販売している古着屋も多くあります。

今回はそんな田中オムについて詳しく見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ

  • 田中オムについて知りたい方
  • 田中オムのシーズンについて知りたい方

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

世界的に有名な日本のデザイナーズブランドのひとつ、COMME des GARCONS(コムデギャルソン)

COMME des GARCONS にはいくつかラインがあり、そのラインごとに特徴があります。

 

HOMME PLUS(オムプリュス) がメンズコレクションライン、そして HOMME は HOMME PLUS よりもベーシックなデザインが多いのが特徴です。

 

また、HOMME PLUS よりも先の登場していたのが HOMME というラインであり、日本人の男性に合う、新しいけど男らしい渋い洋服を提案することで人気を獲得してきました。

 

現在、HOMME のデザイナーは渡辺淳也が担当しており、アウトドアやワークなどのアイテムが増え、JUNYA WATANABE の世界観に近い物になっていると感じます。

 

しかしながら、川久保玲がスタートした時から現在まで変わらないベーシックなスタンスが魅力です。

 

そんな COMME des GARCONS HOMME ですが、川久保玲と渡辺淳也の間に、田中啓一という方がデザイナーをやられていました。

 

実は爆笑問題の田中裕二さんの実兄。

 

工学系出身のデザイナーという、ファッションデザイナーとしては珍しい経歴。

そして、工学系の強みを生かし、生地の素材などを理論的にファッションに落とし込むことを得意としています。

 

その田中啓一がデザインしていた時の HOMME が 田中オムとしてここ数年人気が上昇中。

 

そんな人気に火が付いてきた、田中オムのシーズンや名作などをまとめて紹介していきたいと思います。

 

田中オムのシーズン

https://page.auctions.yahoo.co.jp/

田中氏がデザインを担当していたのは1990年から2003年秋冬まで。

 

このシーズンの物が基本的に田中期と呼ばれています。

 

また、シャツやニットには通称銀タグ。

ジャケットやパンツには金文字のタグが使用されています。

 

https://page.auctions.yahoo.co.jp/

田中氏退任後の2004年以降、現在まで続くネイビーのタグとなっており、すぐに見分けがつくブランドタグとなっています。

 

ですが、この銀タグと金タグは1990年の田中氏就任以前にも使われていたタグなので、正確に田中期を指すものではありません。

 

ですので、田中期は1990年以降の銀タグと金文字タグの物ということになります。

 

コムデギャルソンの年代は基本的にタグ記載されている「AD」か「型番」から判別することができます。

(グーグル検索すればギャルソンの年代は簡単に分かりますが、コムデギャルソンの年代判別についてはこのブログでも、また記事を書こうと思います。)

 

また、オムオムのデザインも同時に担当していたので、この時期の物も田中オムと言っていいかもしれませんね!

 

ココがポイント

1990ssから2003awまでのアイテムが田中オムと呼ばれています。

 

人気アイテム

では続いて、田中オム時代の名作・人気アイテムについて触れていこうと思います。

 

03AW 縮絨ウールブルゾン

1994年HOMM PLUSU(オムプリュス)縮絨期の縮絨ブルゾンとほぼ同じデザインをHOMME で復刻したアイテム。

微妙なデザイン違いでいくつか作られていたようです。

 

ブランド定番の技法である縮絨加工ですが、現在の縮絨よりも強めにかかっており、ジップがうねるほどの縮み具合。

このジップのうねりがなんとも言えない歪さがあり、見る人が見れば分かるディテールにもなっています。

 

UNDERCOVER デザイナーのジョニオ氏が好んで着用しており、UNDERCOVER でもサンプリングするほど。

ギャルソンオムらしい普通に見えて遊び心もある、素晴らしい一着です。

 

02ss ロゴずれ

ブランドネームがずれたように配置されたアイテム。

今見ても新鮮な印象のあるロゴを押し出したデザインです。

 

02ssシーズンに発表されたコレクションで、ジャケットやスウェット・シャツなど様々なアイテムが登場しました。

 

このオムのデザインが、COMME des GARCONS SHIRT× Supreme でオマージュされ、元ネタのこちらの人気が加速することになります。

 

田中オムの中でも指折りの名作と言えるでしょう。

 

94aw レイヤード

1994秋冬に登場したレイヤードアイテム。

ダウンやジャケットなどがあり、名前の通り2重ジップのレイヤード仕様が特徴です。

 

まだまだ名作として知られていはいませんが、これから手に入りにくいアイテムになっていくかと思われます。

 

 

90aw ボンバージャケット

1990年秋冬に登場したボンバージャケット。

ミリタリー調のポケットが胸元についており、アームホールが広めな今人気が高そうなジャケットです。

色やディテールが少しずつ違う物がいくつか出ており、どれも今着てカッコイイアイテムだと思います。

 

田中氏は1990年に就任したため、もしかするとまだデザインを担当していないかもしれませんが、それでも欲しい一着です。

 

バックロゴ

田中期以前から登場していたデザインにはなりますが、バックロゴのブルゾンやコートなど高い人気があります。

 

オムプリュスでも似たデザインのアイテムが多く、スタッフコートなどに近い雰囲気を楽しめるアーカイブといえるでしょう。

 

袖がレザータイプの物や、スウェットやカーディガンなど多彩なアイテムが登場しています。

 

ニット系

シーズンやアイテム名指しではないですが、田中オムはニットに定評があります。

切り替えやデザインが入ったニットなどは田中オムらしさが詰まった物が多く、手軽に田中オムを楽しむにはおすすめです。

 

まだまだ安い価格で購入できるものも多いので、気になる方はヤフオクやメルカリなどで調べてみると良いですよ!

 

大き目のシャツ

 

シンプルなシャツも田中オムでおすすめのアイテム。

大き目サイズのシャツ等は数年前より少しだけ相場が上昇しています。

 

シンプルだけど少しだけ捻ったシャツがいくつもあるので、自分の好きなデザインを探してみて下さい!

 

終わりに

以上、コムデギャルソンオムの田中期についてでした。

まだまだ他のアーカイブよりも世に出ていないので、手に入れるなら本当に今だと思います!

 

これから先にこれ以上値段が上がることはあっても下がることはないでしょう。

僕も今かなり注目して集めているので、ぜひ見つけたら積極的に買ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは以上になりますが、田中オムについて参考になれば幸いです。

ではまた。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

ブログ歴7年。 古着屋勤務歴5年。 古着屋では買取業務をメインに担当しています。 デザイナーズからビンテージまで幅広く色々な服が好きなので、このブログでも幅広いテーマで発信中です!

-年代判別
-

© 2022 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5