アイテム紹介

ストーンアイランドの名作【マッシモオスティ期の80s~90sまで】

高機能素材を使うデザイナーズブランドとして人気のあるストーンアイランド。

現行モデルも高い人気を誇りますが、90年代以前のアーカイブはマニアに絶大な人気を誇っています。

今回はそんなストーンアイランドの名作について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ

  • ストーンアイランドの名作について知りたい方
  • マッシモオスティのアイテムが気になっている方
  • ストーンアイランドが気になっている方

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!


機能性とデザイン性を兼ね備えたブランドとして人気のあるストーンアイランド。

左腕に付くことが多い、特徴的なストーンアイランドのロゴがあしらわれたバッジは見たことがあるという方も少なくないはず。

高額なブランドでありながらも、素材に価格がきちんと乗っていると思えるクオリティと、他にはないスポーティーなデザインが特徴的です。

現行ももちろん人気があるのですが、実は90年代以前のアーカイブが一部のマニアから注目を集めています。

特に前デザイナーの MASSIMO OSTI(マッシモオスティ)がデザインしていた、1994年以前のアイテムはさらに価格が高騰中です。

アーカイブアイテムは年代判別が難しかったりもしますが、

ストーンアイランドの型番である、ARTナンバーが記載されていない物が1994年以前なので、タグからの判別が意外と簡単にできるのが特徴です。

また、こちらでストーンアイランドの年代判別について紹介しいるので、気になった方は参考にしてみて下さい!

参考ブランドタグ・品質表示タグで読み解くストーンアイランドの年代判別

続きを見る



今回はそんなアーカイブとされる2000年以前のディテールや名作をピックアップして見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

ロゴバッジ

左側の写真は、90sの初期の物に付いている緑縁のロゴバッジ。

緑の縁であることから、グリーンエッジと呼ばれることもあります。

このパッチが付いてるアイテムに絞って買っているマニアもいるほど。

また、右側の白いロゴバッジのアーカイブはかなり数が少なくほぼ見かけることはないでしょう。(白パッチは現行品ではたまに見られるタグです。)

「生地や製作工程で先進的な研究をしたと思う服」に付けていたそうで、過去のオークション履歴からも見つける事はできませんでした。

ロゴバッジのディテールもマニアにとってはたまらないディテールなので、アーカイブを見るうえで重要なポイントです!

ストーンアイランドの名作

それでは、ここからストーンアイランドの名作と呼べるアイテムについて見たいきます。

ICE JACKET

ストーンアイランドを代表する素材で作られたジャケット。

1989年に開発されたジャケットで、温度により色が変化するという当時でもかなり逸脱したデザインでした。

現在でも温度で色が変わるアイテムがいくつも登場しており、Supreme とのコラボでこのジャケットを知ったという方も少なくないのではないでしょうか。

アーカイブとしても市場に出ることはあるのですが、そのほとんどが経年劣化により変色機能を失った物ばかり。

機能が生きたままのアーカイブを入手することはかなり難しいと思います。

このアイテムをきっかけにストーンアイランドの名前が世界的に広まった、ブランドを代表するアイテムです。

FORMULA STEEL

FORMULA STEEL という光沢のあるナイロンを使用したアイテム。

現在のモデルでも良く使用されているナイロンメタルに近い雰囲気の素材です。

マウンテンジャケットやブルゾンなどがこの素材で作られており、マッシモオスティ後期の名作のひとつとされています。

現在でも色あせない、本当にカッコイイアイテムです。

TELA STELLA

TELA STELLA はストーンアイランドが1982年の最初のコレクションで発表したアイテム。

軍用トラックの幌に使用される素材から着想を得たストーンアイランドのオリジナル素材で、両面に塗料を吹き付けウォッシュ加工を施し、経年変化したかのような独特の素材感が特徴です。

この素材を使用したリバーシブルジャケットが特に人気があり、中古市場でも高値で取引されています。

菅田将暉さんが着用したことで、さらに人気に拍車がかかったイメージですね。

ワイドな身幅で、ヴィンテージ感漂うデザイン。

90年代古着のような雰囲気で着られることからも、このジャケットが今人気なのが分かります。

スポンサーリンク

終わりに

以上、ストーンアイランドの名作についてお伝えせていただきました!

ここまで素材にこだわったアイテムというのは2000年代以前の物ではなかなか見かけることがないものです。

さらに、2000年以前ならではの独特のデザインが合わさって、古いストーンアイランドにしかない唯一無二な洋服がストーンアイランドのアーカイブと言えるでしょう。

まだまだ、紹介しきれていない名作も多いので、ぜひ色々とストーンアイランドの名作を探されてみてはいかがでしょうか?

それでは以上になりますが、ストーンアイランドのアーカイブを見るうえでの参考になれば幸いです。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

■ブランド古着屋で5年間勤務! ■ドメ・インポートのデザイナーズからヴィンテージまでのバイイングを担当して、1万点以上の洋服を見てきた視点から情報発信しています。 ■マルジェラをはじめ、洋服の収集癖あり。 ■月間10万PVの当ブログを運営。

-アイテム紹介
-,