ファッション考察

ミリタリーにおける実物とは?官給品と民間品の見分け方!!

ミリタリーに多く触れていると、実物や官給品・、民間品といった普段聞き慣れない言葉を耳にすることが増えます。

この実物・官給品・民間品における意味やその見分け方までお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

この記事はこんな方におすすめ

  • ミリタリーの実物が気になる方
  • 官給品と民生品の違いが知りたい方

 

どうも!

古着屋店員兼ブロガーの「fukusuke(@fukusukeblog)」です!

 

ミリタリーには国ごとに色々な種類もあるのですが、それ以前に本当のミリタリーであるかどうか。

というものもあります。

 

「本物」という事は「偽物」があるのか?

ということになりますが、偽物ではなくレプリカ(複製品)が多く市場に出回っています。(中には悪質な偽物もあるかと思いますが。)

 

レプリカはデザインを忠実に再現されて作られた物から、デザイナーがデザインを落とし込んだものまで様々。

 

現在作られているようなレプリカは分かりやすいのですが、過去に作られたほぼ同じデザインで出ていたようなレプリカは外見からでは判別が難しかったりします。

 

ですので、今回はその判別方法についてお伝えします。

 

実物と官給品と民生品

では、この3つの言葉について改めてまとめます。

実物

ミリタリー用語で使われる実物とは、レプリカの反意語としての意味合いがあります。

軍から払い下げで放出されたもので、軍放出品やサープラス品と同義です。

 

官給品

官給品とは国から軍に正式に支給された様々な物を指しています。

実物とほぼ同じような意味合いでもありますね。

 

民間品

軍に納品経歴のあるサプライヤー(製造会社)が民間向けに同じデザインで製造した物で、民間向けに販売しています。

レプリカと近い言葉ですが、納品経験があるサプライヤーが製造しているというのが重要です。

 

官給品と民間品の見分け方

続いて官給品と民間品の見分け方について。

官給品であることを見極める方法ではあるのですが、民間品であるかを確かめる方法ではありません。

 

ですので、官給品=実物を確認する方法としておきます。

 

コントラクトナンバー

「DSA」から始まる英数字の組み合わせ。

これがコントラクトナンバーと呼ばれるものになります。

 

これは軍が製造会社と契約した時に発行される番号で、契約の度に番号が変更されます。

 

そして、こちらのDSA-100のあとに記載されている番号が製造年(正確には会計年度)です。

 

レプリカや民間品にはこの番号がそもそもなかったり、DSAより後の表記がめちゃくちゃだったりします。

 

ですので、このコントラクトナンバーの正確さから官給品の判別が可能という事です。

 

ちなみに「DSA」という文字は「DLA」「SPA」となっている場合もあります。

 

コントラクター名(製造会社名)

コントラクターは軍から製造を請け負った製造会社名です。

官給品のコントラクターは検索すればヒットしますが、コントラクターでない物は検索するとレプリカかもしれないというブログやサイトなどがヒットします。

アルファなどの有名な会社であれば間違いないのですが、あまり知られていない会社名だと少し怪しい時がありますね。

 

NSN(ストックナンバー)

13桁で表記される番号。

このストックナンバーがきちんと記載されているかどうかを確認しましょう。

ストックナンバーの記載がない物は民間やレプリカの可能性があります。

 

また、官給品においてはストックナンバーを調べることで、納品されていた物かを判別できます。

 

検索サイト

コチラのサイトの検索欄にストックナンバーを入力します。

すると、製品名やサイズなど詳細が出てくるので、それは官給品で間違いありません。

 

検索でヒットしない場合は民間かレプリカの可能性があるでしょう。

 

また、1970年以前はNSNではなく、FNSという11桁の番号が使われているため、こちらの検索でヒットしないのでご注意ください。

 

ブランドタグ

https://page.auctions.yahoo.co.jp/

民間やレプリカにありがちなのが、ブランドタグが付いている物。

アルファなどが例に挙げられますね。

 

これらは基本的にレプリカ品になります。

 

ケアタグ

ミルスペックの下に素材表記などが書かれたケアタグのような物が付いている場合は民間品になります。

官給品のミルスペックにはケアタグなどは基本的につかないのですが、民間用に売るという事で後付けで付けていると思われます。

 

MADE IN USA 表記

ミルスペックが書かれたタグに「MADE IN USA」の表記があるものは基本期に民間品です。

意外と数も多く見落としがちな部分になるので、ミルスペックを見るときは注意して見てみて下さい。

 

終わりに

以上ミリタリーにおける官給品と民間品の見分け方についてでした。

コアなミリタリー好きになってくるほど、こういった細かい部分が気になってくると思うのですが、それもミリタリーの面白さの1つですよね。

 

ミリタリーの情報については推測の域を出ない情報もありますので、間違いや指摘などありましたらコメントいただけると嬉しいです。

 

それでは以上になりますが、ミリタリーを見分けるときの参考になれば幸いです。

ではまた。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukusuke

ブログ歴7年。 古着屋勤務歴5年。 古着屋では買取業務をメインに担当しています。 デザイナーズからビンテージまで幅広く色々な服が好きなので、このブログでも幅広いテーマで発信中です!

-ファッション考察
-, , ,

© 2022 Geeks(ギークス) Powered by AFFINGER5